受け付け開始、のぼりとチアリーダーがよぶ幸運。

2011年1月10日 § コメントする

受け付けを待つ列に加わるクイ研。

そこで早くものぼり効果が現れる。高校生クイズのインターネットを担当するお兄さんに目を付けられる。

「ホームページ見てくれてる? 見てくれた人の数で給料決まるからさー、頼むよ」とのこと。
あとで写真を撮ってもらう約束をとりつける。
待つこと数十分、ついに受け付けが始まる。
全国高等学校クイズ選手権と描かれたゲートをくぐり、ついに会場入り。

前方のステージに福澤アナが立つのだなあ、と考える一同、とチアリーダーの格好になっていたチーム吉田がいないのに気付く。
アロハにサングラス姿のチーム押金、古賀がカメラの前に立つチアリーダーを発見。そして赤い旗印の下、クイ研総員がそこへダッシュする・・・。

 

 
私達、デビューしまーす!!」と、川越クイ研のスピード(自称、いや、失礼、自他共に認める)のデビュー宣言が、会場を貫き、「北勢線存続!!」を訴えるクイ中三号の叫びはきっとオクラ入り・・・。
各校の雄叫びが会場に響きわたる中、川越クイ研は再びカメラクルーの人々に目を付けられる。

 

 

 

会場にはクイズ名門岐阜高校の、[天下布武]と書かれた勇ましいものから、どこから持ってきたのかコンビニの旗 とおぼしきものまでいくつかののぼりがあったが、手書きで、しかも両面に字が書かれている川越ののぼりはやはり目を引 くようだ。
「全国行くから部費下さーい!!」というクイ研魂の叫びはブラウン管を通じて学校関係者に届くのだろうか?
目にする誰もが一度は疑問に思うクイズ研究”“という名前。

 

 
“会”として欲しい、として出した申請は見事に突っぱねられ、“所”として勝手にやっていくことに。*1

 

 
部費がないため図書室の司書、上原さんには無理を言いまくってクイズの本を大量かつ短期間にいれてもらい、
森本先生には(膨大な量の)資料をコピーさせてしまい、学年主任、谷口・もみー・正夫教諭にはみんなで噛みつき・・・。
「ま、全国行けばな」というどこまで信じられるか怪しいモノであった誰かの言葉に意地になって頑張ってきた思いから、この叫びはカットしないで欲しいというのは一同共通の願いだった。

 

 

 

それにしても川越の背中にア、キ、ラとそれぞれ貼った伊藤チームやよしめぐさん、ちほさん、カニちゃんのチアリーダーチームを越えた(まあ個人の主観の問題だが)チームがたくさんいるものである。

 
杉山の眼を奪ったチャイナドレスは言うに及ばず、この暑い中、ウェディングドレスから全身タイツまで。
デヴィ夫人やサッチーの面を着けたチームや川越 チアリーダーチームと写真を撮ってた動物着ぐるみ隊も、
その衣装の出所には非常に興味深いものがある。

 
会場の全員が立ち上がり、開会が迫った時、先程のカメラクルーの人達が再びやってくる。
班長らしき福の神のような顔をしたおじさん曰く

 

 

「君達川越高校に注目していくから、
映りやすいロープ際に寄っていてくれないかな?」

 

 

とのこと。

 

 

この幸運に皆大喜び。
チアリーダーとのぼりが生んだこの幸運。いつまで続くか皆知る由もないが、
もうすぐ福澤アナが現れる。それは高校生クイズ中部大会の開催、そして運命の第一問の出題を意味する。
福澤朗は何処からやってくる?そして第一問は?

 

 

わからない、だが、答えるしかない・・・。

 

 

 

 

 

*1 結局、部として認められたのは2002年のこと。その時までに何度も高校の広報には使われつつも、

変わったばかりのぱっとしない校長は約束をすっかりわすれていたようでなかなか部に昇格しなかった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

川越高校クイズ研究所大会参加記録 で「受け付け開始、のぼりとチアリーダーがよぶ幸運。」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。