長かった始まりの終わり。

2011年1月10日 § コメントする

「長野県、勝ち残り校決定!!」
川越クイ研の立つ横であがる喜びの声。三重は残り10チーム。
クイ研は3チームが残っていたが、さらに古賀は噂に聞いていたもう一つの川越チームを初めて見る。
あと一問で終わるか?
いや、終わらない、 といった緊張の連続で膝は今にも曲がってしまいそうだというのに、
行われているのはランニングY/Nクイズ。早く終わって欲しい。それは誰もの願いだった。
しかし、それはどこかのチームが脱落しない限り叶えられることはない。

「問題、日本国憲法には、首都は東京とするとは定められていない?」

「定められてはいないっ!」
「YESや!」
その声を信じて一同は先に見えるYESのサークルへと走る。
終わるのか?まだ終わらないのか?それとも自分達はここで終わりなのか?巻き起こるYES/NOコール。
そして、皆が注目するなか、 スクリーンに映った文字はYES。スタッフが三重県のリー ダーを集めて人数を数える。
・・・・ジャストチーム!

川越ク イ研、3チームが準々決勝への進出を決める。
そして、もう1つ、矢田君の率いる川越高チームも準々決勝に駒を進め、勝ち残り8チームのうち、
4チームが川越高校ということになったのである。
「長かったなー」
「でもまだ始まったばかりやで」
「そうそう、まだ終わってないんやで」

全9問、運と知識と勇気に支えられ、川越クイ研は長かった始まりの階段をやっと上り終える。

 

しかし、上ったのはまだ一階だけ。最上階はまだまだ遠い。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

川越高校クイズ研究所大会参加記録 で「長かった始まりの終わり。」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。