迫る霧、迫る時間。

2011年1月14日 § コメントする

「問題。サッカーWカップ、2006年に開催されるのはどこの国?」

パン!

「神奈川工業」
「フランス」

ブー!

「残念。正解はドイツです」
「・・・へえ。そうだったんや。2002年までしか興味なかったなあ」

「問題。読売ジャイアンツのMKT砲、3人の背番号を足すといくつ?」

「・・・全くわからん。興味ないでなあ、巨人には。おっしーは?」
「俺もわからん」

2人とも、アンチ巨人である。

「・・・ええとね、全部足すとね、84やわ」
「・・・よくわかったね、かっちゃん」
「任せて。松井が55、清原が5、高橋が24やでね。あーもう、なんで押せへんのや?」

 

・・・ブー!

 

清水は窓の外を見た。川の水が、静かに流れている。とにかく、落ち着かねばならなかった。古賀のランプが点灯し-相変わらず、心拍数を一番早く下げるのは彼であった-、押金のランプも続いた。

「さあ、川越は解答権を得るまであと1人です」

 

そんなこと、自分が一番よくわかってる・・・。

 

・・・ティロリロン!

「さあ、出だしの悪かった東大寺学園が俄然勢いづいています」

 

単に勢いづくという表現では役不足なのは、隣にいたクイ中達が一番よく知っていた。その勢いは、パスタの問題でのミスをクイ中達の頭から完全に消し去るに充分なものであった。しかし、そんな彼らを尻目に、解答権を得ることすらかなわないクイ中達3人。なんとも不甲斐ないものである。押金が清水に声をかける。

 

「かっちゃん、腹式呼吸をするとええぞ」
「おう、そうか」

 

藁にもすがるような思いの清水は、さっそく試してみる。

 

「なんかええかんじやわ」

 

清水は下を向き、静かに呼吸を繰り返す。そしてしばらくして・・・

 

「かっちゃん、消えたで」

 

押金の声に、清水が顔を上げると、確かに数字が消えていた。この瞬間は、大きな感動をもたらしてくれる。何か音くらい流して然るべきだろうに。清水は深呼吸をして、気合を入れなおした。

 

 

「問題。三角形で、1つの角が90゚より大きい三角形のことを特に何と言う?」

パン!「川越高校」一瞬、鋭角三角形しか頭に浮かばなかったが、すぐに正解が現れてきた。「鈍角三角形」ティロリロン!「ナイス!」
「さすが!」
「数学担当ですから」

押したのは清水だった。・・・こっちは答えたくても押せなくて、クイ中の禁断症状が出そうなんだ。

 

「問題。歴代総理で、名字が一文字なのは、原敬、桂太郎、岸信介、そしてあと1人は誰?」

 

[桂太郎]の時点で、清水は[岸信介]が問われることを予想していた。そのような過去問を、彼は解いた経験があった。その[岸信介]が問題中に読み上げれた瞬間、彼は記憶を再検索する必要に迫られた。

 

パン!

「東大寺学園」
「森喜朗」ティロリロン!

 

・・・しまった、そこを突いてきたか。

 

高校生クイズらしい問題だなと思いつつ、清水は隣の東大寺学園チームを見た。彼の脳裏に浮かんだのは、もう2日前の出来事になってしまった、日野春での46チーム早押しクイズであった。

 

『トリプルってことは、2択や3択の問題は出ないってことだな』

 

川越の左隣にいた彼らのつぶやきが、それを聞いた時自分自身が抱いた思いと共に蘇ってきた。

その冷静さと、出だしの不味さを微塵にも感じさせない勢いは、自分達がまだ身に付けきれていないものだろう。

 

「問題。今年施行された介護保険制度で、第一被保険者は何歳以上?」

 

「かっちゃんわかる?」
「ゴメン、わからん!くそっ、ホームプロジェクトで介護保険のこと調べとったのに忘れてまった・・・」

 

ホームプロジェクトとは、平たく言えば家庭科の夏休み課題である。押金と古賀はエプロン作りを、そして清水は介護保険のレポートを選択。この旅から帰ったらすぐの8月20日、全統模試の日に提出の課題で、旅立ち前、3人共に必死になって終わらせていたのであった。

 

・・・ブー!

 

「時間切れです。正解は65歳以上でした」

 

「あ・・・。くっそーっ!そうやった。あれだけやったのに・・・」

 

自分の担当であろう問題だけに悔しさは強く、すべての知識を確実にしておくことの大切さをあらためて思い知らされた。

 

 

「問題。元素記号、硫黄・窒素・酸素・タングステンを並べて出来る英単語は何?」

・・・水兵リーベ、僕の船(記録班注:元素記号語呂合わせ法。詳しい説明は、長くなるので割愛)・・・。

3人共に、昨年取っていた化学ではそれなりの成績をマークしていたのだが、文系寄りの2号と3号のそれに関する記憶はかなり錆付いていた。即座に出たのは、タングステンがWだということだけである。

 

パン!「川越高校」

 

押したのは、理系担当の1号であった。硫黄・S、窒素・N、酸素・O、タングステン・W・・・「SNOW」

 

ティロリロン!

「よっしゃ!」
「さすが理系」
「任せて。酸素が聞き取れやんかったけど、他の人に答えられたくなかったで押したった」
「タングステンがW、だけは出たんやけどねえ」
「ここは理系担当としてカットされて欲しくないわ。久々に会心の一撃やったでな」

 

「問題。豆腐を作るときに必要なにがり、これは何の副産物?」

 

パン!「川越高校」

 

古賀は、だいぶ前に、TVで昔ながらの豆腐作りの番組を見たことがあった。

そのとき職人さんが天然のにがりを使っていたのを思い出しながら、彼は答えた。

「海水」・・・2種類音があるはずのブザー、そのどちらも鳴らないまま1、2秒が過ぎた。一体どうしたというのか?

 

「・・・正確に言って下さい」と、羽鳥アナは告げた。

 

聞こえなかったのか?

いや、そんなはずはない。全く予想していなかった状況を、古賀は処理し切れなかった。

海水ではダメ・・・。

塩?

いや、塩は単純に塩だ。混じりけがなければ、副産物なんて出てこない。

だからあの職人さんは海水からにがりを作ってたんじゃないか・・・。しかし、何かを言うべきだった。

・・・とりあえず、[塩]、と。ようやくその結論に達した古賀の言葉が、腹で力を得、喉に達し、空気を震わせて声になろうとしたとき・・・、・・・ブー!

 

「時間切れです。海水では少し不十分でした。正解は塩、塩化ナトリウム、NaClのいずれかです。それではペナルティです」

言葉にならなかった。2度のペナルティをパスし、折角清水の心拍数も戻って勢いもつき始めて、これからというときに、やってしまった・・・。

古賀は、穴に手を入れ、札を引いた。[50]だったのは、彼にとってまだ救いだった。ここでもし[150]だったら、自分の力から、運から、とにかく全てを呪うしかなかった。

「何か言っておけばよかったなあ」
「そうやなあ、もったいないことしたわ。」
「次にああいうことがあったら、自信なくてもいいで何か答えとこな」
「うん、そうしよ」

 

階段を下りながら、ちょっとした反省会。

クイズも終盤に入り、いつもの調子を取り戻し始めていた。しかし、清水には不安があった。…このまま心拍数が下がらずに終わってうちが敗退、みたいなことになったらどうしよう。

洒落にならんでこれは・・・。よし、絶対に下げてやる!
・・・これだけミスっていても、ランプが点灯するのだけは3人の中で1番なんだよな。

1人だけ早くても、2人、特にかっちゃんへのプレッシャーにしかならないのに・・・。光射す、外の谷川を望みながら古賀は思った。

 

「やはり、川越は1人残ってしまいますねえ」相も変わらず、羽鳥アナは清水にプレッシャーをかけてくる。押金は、手に持ったクイ研団扇で清水を扇ぎ始めた。階段の往復で、体にはだいぶ熱がこもっている。

 

時折背後から涼しい風が吹いてくるのは、なかなか気持ちいいものである。清水は再び窓の外を見ながら、今までの出来事を思い返していた。鯨波で別れを告げることもできず去っていった、中部の戦友、磐田南と岐阜北。

 

また全国大会出場を支えてくれた人達、特にクイ研のみんな。そう、みんなの支えと応援があるから僕らはここにいられるんだ。

中部大会、あのYES/NOのとき、理事長らが自ら不正解側に行ってくれたから、僕らはここにいられる・・・。「よしっ」清水は誓った。このままでは終わらない、終わらせてはいけない・・・。

 

「問題。妊婦さんが着る服のことを、英語で何ドレスと言う?」

 

パン!「神奈川工業」

・・・マタニティドレス。

考えるだけでやり切れなくなってくるが、それでも、例え無言でも答えずにはいられなかった。

「マタニティ」

ティロリロン!

最初のアドバンテージを生かしたいであろう神奈川工業と、出だしの不味さを実力でカバーしリードを奪った東大寺学園。トップ争いはこの2チームのものだということに、クイ中達が疑いを挟む余地はなかった。

「おっ、ついた」

見ると清水の前のランプが静かに点灯していた。最初の462段。続いて3回のペナルティ。すべてにおいて下がるのがダントツに遅かった清水にとって、このランプがついた瞬間というのは、やはりかなりの感動をもたらす。「もうあと少しや。集中してこな」
「おうっ」残りわずかとなったであろうここでの時間に、3人はすべてを賭けるしかなかった。

 

「問題。作業手順を、絵や記号などを用いて模式的に表したものを何と言う?」

 

全くわからなかった。清水にはそんな過去問をやった記憶がなくはなかったが、全くの不鮮明であった。

・・・パン!「神奈川工業」
「フローチャート」

ティロリロン!

「・・・あっ!そうやった。やっぱ過去問でやったわ。はー、やっぱカタカナはあかんなぁ」

 

彼が唯一自信を持っているカタカナは、ジャン・ベルナール・リヨン・フーコー(記録班注:地球の自転を発見した学者、フーコーのフルネーム)である。彼曰く、「逆に長い方が憶えやすくない?」

 

「問題。小林一茶の俳句、『楽しさも 中くらいなり おらが…』さて、この後に入る言葉は何?」

 

どのチームもボタンを押さなかった。古賀の中ではマイナーな句である。小林一茶と言えば、『雀の子 そこのけそこのけ お馬が通る』や『やせ蛙 負けるな一茶 ここにあり』の2句辺りが知識の限界である。

しかし、心当たりもなくはなかった。『春』という言葉が、妙に頭についたのである。何処かで聞いたことがあったのかもしれない。『おらが春』、俳句としてもしっくりきている。だが、もう危ない橋は渡れなかった。この問題、どのチームもわからないようである。無理をすることは…、

 

パン!「東大寺学園」・・・!

 

「春」ティロリロン!

 

「・・・マジすか?押しときゃよかった・・・」

 

「問題。左を向いている椅子を、右に2回転半、左に3回転半すると、椅子はどの方向を向いている?」

 

こんな状況のとき、ある意味で一番難しいのはこのテの問題である。焦りで、いつもなら簡単なはずのイメージがすぐに出てこない。必死でイメージしようとする古賀。そんな古賀を、清水は手を差し出して遮った。

 

「・・・やめとこ。こういう問題は、手を出すと引っかかりやすいから」
「・・・そやね」パン!

 

「加治木高校」
「左」

ティロリロン!

 

どこからともなく音がしたと思ったら、加治木高校があっさりと正解をさらっていった。

「気にしやんどこ」
「おう」確かに、手を出すと容易に罠にかけられてしまう問題である。

 

背中に感じる風が、涼しい、と言うよりも寒い、と言った方が適切なレベルになってきた。先程まで団扇で扇いでいたのが嘘の様である。たまらずポカリのタオルを肩に掛けようと、古賀がそれが置いてある背後を見たとき、深い底から白い霧が昇ってきていた。見るからに、冷たい。

 

「ねえ、この、下りホームから、冷たい空気が白い霧と共に上がってきました」

雰囲気からして夏仕様の服装をした川越にとって、決して洒落にはならない。古賀は、その風を受けながら今までの旅を考えていた。鯨波での[夏の大三角形]問題、ここでの2つの誤答、その他諸々、冷たい風に吹かれていると、本当に自分が情けなくなり、もうワンパンチ喰らったら確実に泣いてしまいそうなところまでいってしまった。ここで終わりなのだろうか?今までで一番悲観的になった。どうしても、抜けられる気がしない・・・。

ふと、使う必要がなくなって手元に置いていた団扇を見た。中部大会を一緒に戦った仲間、クイ研で共に頑張ってきた仲間達の言葉があった。・・・ここで俺がヘコんだままで終われば、泥が塗られるのは自分の顔だけじゃない。

ここまでの失敗が取り返せるのなら、今に賭けなくてはならない。

もし取り返せないのなら、あと1つ2つ上塗りしても大した違いじゃないだろう。やるしかない・・・。

 

「問題。お妃のために、ムガール帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが建てたインドの世界遺産は?」

 

パン!

『お妃のために』、『ムガール帝国』、この2点が出た時点で古賀は押そうとした。

が、危ない橋は渡れない。それでも、『インドの世界遺産』で、正解を確信した。

 

「川越高校」
「タージ・マハール」古賀の唯一の心配は、タージ・”マハール”か、”マハル”かという発音の問題だった。ティロリロン!「よっしゃ」
「よし」
「ナイス」静かに拳を突き合わす3人。正解したことを喜んでいられるだけの状況ではない。「それでは、これが最後の問題です」

 

 

羽鳥アナは30分だと言ったが、それにしては、長すぎる30分であった。霧によって幕を開けた戦いは、その冷たさを漂わせながら、冷酷に迫る時間によって最後の問題を迎える。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

川越高校クイズ研究所大会参加記録 で「迫る霧、迫る時間。」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。