8月17日、始まりの朝、最後の朝。

2011年1月22日 § コメントする

ピリリリ!ピリリリ!ブグウィ~ン!

 

8月17日、午前7時。押金と清水は携帯電話から発せられる大音量アラーム、そして振動が台に響く騒音で眼を醒ました。それにしても、猛烈な音である。そう言えば、昨晩古賀ちゃんがアラームをセットするとつぶやいていたっけな。

そんなことを思い出しながら、2人はうなる携帯電話の一番近くに寝ている彼を見た。

 

・・・・・・こいつ、起きる気配がない。
その彼に一日の始まりを告げたのは、いきなり身に降りかかった衝撃であった。

 

「・・・・・・」

 

・・・ドスッ!

 

「!?う、おわっ!?・・・かっちゃんか、何してくれるん!?」

 

「何してくれるんはないやろー。自分で携帯のアラームかけときながら、人は起こしといて自分はずっと寝とるんかー!?」
「あ、そういや、かけてたね。あれ?アラーム鳴らんかったん?」
「だから鳴ったゆーとるやろー!古賀ちゃんが起きなかっただけやー」
「そうやでー!俺ら2人だけが起こされて、なあ?」
「なあー?」
「うっそっさー!んじゃ、何で俺はこんなに近くで気付かんと寝とったん!?」
「知るかー!」

身支度を適当に整え、地階の食堂-と言うべきか、宴会場と言うべきか-に向かったクイ中達。既に、東大寺チーム、加治木チーム、そして土居さんと矢野さんはテーブルに着いていた。

朝食はバイキング形式で、古賀には嬉しい食べ放題である。朝だと言うのに何故かカレー入りの胴長鍋が置かれていて、清水と押金はそれをとることにした。おいしそうだったので、1皿目を平らげた古賀も試して見ることに。

・・・少し、いや、結構カラい。

「それじゃ、10時までにチェックアウトだから、それまでに荷物をまとめてロビーに下りてきてね」

と、土居さん。それ以外は特に連絡もなく、クイ中達は、神奈川工業チームと入れ替わりに部屋に戻って行った。

『映すんじゃねーよー!!』

『触んなよー!』

『自分達だけで帰れただろー?!』

「・・・こいつら、非常識にも程があるんじゃねえのか?」
「ほんまやわ」

NTV朝のワイドショー、ルックLOOKこんにちは。どこかで豪雨があり、川の中州に取り残された若者達が、自分達を救った救助隊やその模様を取材していたマスコミに食ってかかる姿が放送されていた。

 

「あんなやつら助けなくてもいいって」
「ほんま、救助隊の人が命懸けて助けたってのになあ」
「こんなやで、『世の17歳は』なんて言われるんやわ」
「そうそう」

クイ中、朝から現代日本に文句のつけ通しである。
しばらくTVを見ながらだらだらとした後、3人はようやくチェックアウトに向けて身支度に取り掛かり始めた。荷物をまとめ、忘れ物がないかを確認。

アロハシャツに袖を通し、ジーパンに足を通す。

 

「ティッシュない?」

 

洗面所から呼び声。主は1号であった。

「どうしたん、かっちゃん?」
「ヒゲ剃っとったら切った」
「あ、やっちゃった?・・・ええと、あった。ほれ」
「サンキュ。・・・なんかこれ、血ぃ止まらんのやけど・・・」
「万が一、横滑りしちゃったんやね。マキロン使うか?」
「いや、いいや」

なんとか血も止まり、清水も赤いシャツを着る。そして新しい靴下を履き、3人は-勝負パンツを履いた約1名は特に-、この旅ですっかり馴染んでしまった格好に。

替えの服がそれなりの数入った自分達の荷物も手の内に戻ったが、ここまで来てその服に替えたところで一体何の得があろう?今日が最後の日である。

3人はもう少し、あと1日、このアロハには付き合ってもらうことにした。
8月17日、全国大会最終日。昨日までは、明日も、1時間後ですらも何が起こるかわからない旅だったが、今日は違う。

今日行われるのはただ一つ、最後の戦い。そして、もう明日はない。

 

 

この朝は、始まりの朝であり、最後の朝でもあった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

川越高校クイズ研究所大会参加記録 で「8月17日、始まりの朝、最後の朝。」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。